杉姫

ブログblog

4月15日(金)杉姫 鴻城乃誉 純米吟醸 発売!! 2016.04.14

2016年4月15日(金)、山城屋酒造株式会社(本社;山口県山口市道場門前 代表取締役社長;宮崎展一)では、「山口市の地場にこだわった銘酒づくり」を目指した「鴻城乃誉(こうじょうのほまれ)」純米吟醸酒を昨年に引き続き販売いたします。3回目の造りになります。販売後のご愛飲者のみなさまのお声を細かくうかがい、味に関しても昨年以上に「こだわったものづくり」を目指して磨き上げた商品となりました。

酒造りにもっとも大切なもののひとつである「仕込み水」については、昨年同様、銘柄にもある「鴻の峰」の地下水が酒造りに適した軟水であることを調べ上げ、麓にある山口大神宮の宮司さんに許可をいただき、これを使用することにいたしました。この「命の水」を杜氏のもとまで私どもが汲み上げて運びます。全ては「旨い酒造りのために」。労は惜しみません。

また酒米は、「頑固な男のお米」を作っていらっしゃる徳佐の落合氏の山田錦1級米を使用します。有機資材を多投し、化学肥料を使用しない減農薬栽培に心打たれ、ぜひこの米で最高の酒を造りたいと思いました。弊社社員も、田植え、草抜き、と手伝わせていただき、米のありがたさを心身ともに感じることができました。今期は、夏の日照不足の問題があり危惧されましたが、本年も結果、気持ちの入った良い酒米が出来上がりました。

また、酒名ラベルにおいては、弊社社長の友人でもある長門市の遊書家の宮田誠司さんに書いていただき、デザインは、沖原デザインオフィスの沖原さんと相談し、新しくブラッシュアップさせました。

昨年11月末より本格的に酒造りに入りました。酵母は、「山口9E酵母」を使用いたしました。山縣本店の小笠原杜氏さんに製造していただきましたが、弊社社員も酒造りに携わりました。昨年より美味しいお酒にするために、酵母の分量、濾過方法、熟成期間など昨年学んだ経験を生かし、今年の製造に取り組んで参りました。

お客様に手軽に飲んでいただけるように、300ml瓶のサイズを企画しました。また、酒本来の味を追求した無濾過生原酒の製造も行いました。良いものを追求し、より多くの皆様に山口の酒の美味しさを味わっていただくために、これからも新しいことにチャレンジしていく次第です。

また、新酒発表会、山口県地酒維新会、海外イベントなど多くのお客様にアピールして、「山口の地酒 杉姫」を知っていただき、味わっていただきたいと思います。

販売は、山城屋酒造を中心に、山口市内の小売店でいたします。山城屋酒造の今年の自信作を、引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

▽安富商店(後河原)▽アサヤ商店(中市町)▽山口井筒屋(同)▽かんぽの宿湯田(神田町)▽原田酒舗(湯田温泉)▽志賀酒舗(同)▽河野商店(朝倉町)▽長沼酒舗(宮野上)▽河村酒店(宮野)▽井上酒店(宮野)▽秋川牧園(仁保)▽新山口駅2F(小郡)▽山口宇部空港 鍋島(宇部市)▽池田屋酒店(防府市) ▽ねんりん酒店(岩国市)

 

商品名     :杉姫 鴻城乃誉 純米吟醸50%(精米歩合)720ml瓶  1752円(税別)

杉姫 純米吟醸 純米吟醸50%(精米歩合)300ml瓶   750円(税別)

杉姫 純米吟醸 純米吟醸無濾過生原酒50%(精米歩合)750ml瓶  2000円(税別)

発 売 日          :2016年4月15日(金)

発売場所       :山城屋酒造株式会社、山口市酒販小売店、新山口駅、宇部空港など

対  象       :山口市の酒を愛するみなさま(未成年者、妊婦等を除く)

お問い合わせ       :山城屋酒造株式会社 担当:宮崎 電話083-922-5757/FAX 083-921-2057

DSC_0452 DSC_0454